クリニックを選ぶ!渋谷で包茎手術

包茎手術後の入浴は?

包茎手術後のシャワーや入浴は?と心配している方への答えとしては、メスによって余分な皮を切り包茎手術を行った場合には、手術後のシャワーや入浴は出来ません。

手術後3日程度は、包帯を巻いた状態で安静に過ごすことが大切です。

夏場などを汗をかきシャワーだけでも浴びたいという方はいるかもしれませんが、患部を濡らしてしまうことで炎症などを起こしてしまう場合もあるので、体を濡れタオルで拭く程度にします。

4日後からは包帯をとり、シャワーを浴びることはできます。

4日後以降は、自分で消毒をしたり包帯を巻く必要があります。

包茎手術は手術後のケアも大切になります。

希望通りの仕上がりにするためにも、医師の指示通りの生活をすることが大切です。

 

タグ :

包茎の治し方

包茎は女性に嫌われる?

包茎は嫌われる?というのは間違った知識によるもの。

 日本では、性に関しての知識がオープンにされているようで案外と周知されていない面も少なくはないのです。

 その一つが、包茎などの男性器に対しての知識そのものが、あげられます。

 一般的に、包茎は嫌われる?といったイメージが根付いていて、女性の多くもそのことに関する知識は曖昧なものであるのに、あたかも包茎の男性は受け付けられないといったような意識を持つ人もいるのです。

 包茎といっても、程度には差があって治療の必要な場合から気にする必要のないものまであります。

 日本人男性に最も多いとされているのは、治療があまり必要ではない仮性包茎というもので、ふだんは皮を被っていても勃起時に露出されているのです。

 入浴時などに皮で隠れている部分を綺麗に洗って清潔にする必要はありますが、特に手術などの心配はないですし、欧米などでは気にしていない場合が多いです。

 男性側の意識の改革も必要ですが、女性側も確かな知識を身につけることが双方が良い関係を持てる早道になります。

 

タグ :

包茎の治し方

包茎手術にかかる時間は約1時間

包茎手術は、形成外科のカテゴリで、局部的な外科手術になります。

 以下に、具体的な手術の進捗を説明します。

 まず、健康状態などを確認するための問診があります。

 続いて、医師の面談と手術の説明があります。

 具体的には、同日の健康状態の確認、包茎手術の概要の説明、局部麻酔による手術であることの説明、そして、術前と術後の映像をつかっての手術の内容について具体的に説明が行われます。

 手術の同意の確認が行なわれると、すぐに処置に入ります。

 手術は非常に簡単です。

 まず、ベッドに横たわり下半身の衣類を脱ぎます。

 続いて、部分麻酔を注射されます。

 また、不用であろうと思われる部分の皮膚の位置を設定します。

 麻酔が効いたことを確認して、医師が専用の器具を利用して皮膚を切除し、外皮の包護を行ないます。

 手術は所要時間としては数十分程度で完了し、術後はすぐに帰宅できます。

 傷口は概ね一週間程度で皮膚がつながることでふさがります。

 包茎手術の目安としては、概ね一週間から二週間程度を見ておけば大丈夫です。

 

タグ :

包茎の治し方

カントン包茎とは?

カントン包茎とはどんな包茎。

カントン包茎とは勃起をしていない状態では亀頭部分が皮をかぶっています。

勃起をすると、亀頭の部分がうっ血状態になります。

これをカントン包茎といいます。

このカントン包茎は知らない方が多かったりします。

勃起をするとうっ血状態になるというのは亀頭の部分を皮が開く部分が非常に狭く、亀頭の首を締め付ける状態になります。

すると亀頭の部分に血液が回らなくなって最悪は壊死といって腐ってしまう状態になってしまう場合もあります。

皮の先端部分が亀頭を締め付けるので亀頭が壊死する場合もありますので早急に治療が必要になります。

さらにこれは完全に剥けてはいないため恥垢が溜まりやすく病気の原因やパートナーに対して病気を発症させてしまう原因にもなります。

 

タグ :

包茎の治し方

包茎手術でツートンカラーを避けるには?

ペニスは非常に色素沈着を起こしやすい部位です。

体の他の部分に比べると、ペニスの皮膚が黒ずんでいる人が大半です。

ただし、細かく見ていくと、ペニスの先端近くと根元近くとでは、色素沈着の度合いに差があります。

多くの人は根元に近い部分の方が色が濃くなっているはずです。

昔から泌尿器科でよく行われている環状切開法という名の包茎手術では、ペニスの中間部分の皮膚を環状に除去して、先端近くの皮膚と根元近くの皮膚を縫合します。

そのため、色の違いが目立ってしまうことが多いです。

この状態をツートンカラーと呼ぶのですが、見た目に違和感があります。

泌尿器科では、包茎を治すことに主眼を置きますので、見た目の問題はあまり重視しません。

でも、美容整形外科であれば、機能と同じくらい審美的な面も重視されますので、ツートンカラーにならない術式の手術を受けることができます。

 

タグ :

包茎の治し方

包茎手術の手順

包茎手術の手順は非常に簡単です。



 包茎手術の手順は意外と簡単です。

 まず、初めに問診が行われます。

 その後、医師との面談診察があり、写真を使っての包茎手術の手順について詳細が説明されます。

 説明内容に問題がない事を確認したうえで、実際の包茎手術へと手順はすすんでいきます。

 包茎手術は身体上は部分的な形成手術になるので、局部麻酔がつかわれるのが一般的です。

 面談が終わると、実際に手術を行うために手術室にはいります。

 ベッドに横になり、ペニスの包茎具合を医師が確認し、亀頭を覆っている皮膚の切除を行ないます。

 手順としては、亀頭を覆っている皮膚を切除するための位置決めが行なわれます。

そして、その切除の位置に従って、皮膚は切除されます。

 切除後は包帯で包護されます。

 手術は以上で完了します。

 亀頭がむき出しになるため、皮膚にすれることで痛みを感じるかもしれませんが、術後の包帯で包護されている時間が長いため、すぐになれます。

 また、術後の経過に問題がない限り同日で処置は終了します。

 

タグ :

包茎の治し方

包茎クリニックのカウンセリングとは?

包茎は男性にとって、深い悩みとなることが往々にしてあります。

人に気軽に相談できる問題ではないだけに、一人で落ち込んでしまう人も少なくないようです。

包茎は治療すれば必ず治すことができるものです。

包茎の治療は泌尿器科や専門のクリニックなどで行っています。

受診すると、まずはカウンセリングがあり、診察後、治療法が決定されます。

仮性包茎などの場合には、手術をしないで矯正具などを用いて治療することもあります。

仮性包茎、真性包茎、カントン包茎のいずれでも、必要があれば手術を行います。

包茎手術は一部を除いて費用は自己負担となります。

病院を選ぶ際には、カウンセリングをじっくりと行ってくれるところ、料金について明確な説明があるところなどをポイントとして選ぶ人が多いようです。

 

タグ :

包茎の治し方

真性包茎の治し方

真性包茎の外科手術による治し方について。

真性包茎の外科手術には、健康保険が適用されます。

なので、高額の医療費を請求されてしまう心配は無用です。

真性包茎を放置しておくと非常に不衛生な状態になってしまいますので、感染症などのリスクが高くなります。

また、症状によっては生殖活動にも支障が出てくるために、保険が適用されることになっているのです。

外科手術による真性包茎の治し方には、様々な種類があります。

具体的にあげると、根元部分切開法や埋没法、P.Pレーザー治療法などがあります。

ここ数年人気を集めているのは、メスを使わずに美容外科用の極細の糸を使って手術する方法です。

ただし、症状によって適用が異なってきますので、必ずしも希望する手術方法が利用できるわけではありません。

まずは、専門医に相談してみる必要があります。

 

タグ :

包茎の治し方

包茎手術の後遺症を防ぐ

包茎に悩みを持つ人の中には、包茎手術を行うという人も多いようです。

しかし、この包茎手術を受けることによって、後遺症が残ってしまうこともあります。

後遺症は性生活だけでなく、普段の生活にも悪影響を与える可能性もあります。

後遺症として多いのが、傷跡が残るというものです。

少しの傷跡であれば時間の経過とともに痛みなども少なくなりますが、程度がひどい場合には勃起時に引っ張られるような痛みを感じるようになることがあるようです。

あまりにも強い痛みを感じる場合には再度手術を受けなければならないこともあります。

包茎手術を受ける場合には、経験豊富なクリニックに依頼することが重要です。

実際に手術を受けた人のクチコミなども参考にすると良いでしょう。

 

タグ :

包茎の治し方

designed by テンプレート「THE WORLD」